有酸素運動が良い

ダイエットする女性16

食事に気を付けるだけでもかなり体が軽やかになる感覚が得られます。1週間も続ければ、たいていの人は1~2キロはすぐに落とすことができます。ただし、そこから先は食事制限だけでは必ずスランプに陥ります。なぜなら人間の体にはホメオスタシス(恒常性)と言って、環境に体を適応させて、健康な状態をキープするという働きがあるからです。

つまり、私たちの体はダイエットが続くと、少ないカロリーしか入ってこない状態でも生きていけるよう、燃費効率をよくする作りになっているのです。そこで次に下半身ダイエットとして取り入れるべきなのが適度な運動です。

特にたくさんカロリーを消費してくれる有酸素運動はダイエッターの強い味方といえるでしょう。中でもおすすめなのが水泳です。水泳は水の抵抗があるため、普段は使われない様々な筋肉を動かせる上、数々の運動の中でもカロリー消費量がトップクラスというメリットがあります。

例えば、平泳ぎを30分続けた場合のおおよその消費カロリーは307kcalとも言われ、ジョギング(240kcal)と比べても1.2倍とかなり消費カロリーが大きいのがわかります。また、消費カロリーが大きいだけでなく、常に体が水中でクールダウンされ続けるため、息が上がりにくく普段あまり運動をしない人でも長時間続けやすいのもメリットです。

日頃運動する習慣がない人が30分ジョギングをすることの難しさを考えたら、どんなにすばらしいメリットか理解できるでしょう。泳ぎ方はクロールでも平泳ぎでも長く続けられれば特にどんな泳ぎ方でも構いません。ウエストや下っ腹を集中的にへこませたいのであれば、ビート板やプールサイドにつかまって力強くバタ足することが何より効果的です。

これを長時間続けるのは非常につらいと思いますので、数十秒程度で十分です。短い時間でも十分効果がでますから、プールへ行くことができるのならぜひ一度試してみてください。

お風呂でマッサージ