効果的なストレッチ

ダイエットする女性6

下半身ダイエット方法の3つ目は血行を促進して、むくみを取りつつ、老廃物が排出されやすい状態に整えることです。自宅で簡単にできる方法としては、朝晩のストレッチとむくみ取りマッサージがおすすめです。朝晩のストレッチは骨盤を大きく動かして緩めることを意識して行います。

デスクワーク中心の現代人は常に股関節が圧迫され、下半身に老廃物がたまりやすく、むくみやすいと言われているためです。また、老廃物がたまりがちな状態が続くとセルライトができる原因にもなると言われています。姿勢が悪い・椅子に座った時につい足を組んでしまう・靴底が偏ってすり減るなどという人は特に積極的に取り入れてください。

ストレッチのやり方ですが、まずは学生の頃、準備体操でよくやっていた伸脚・アキレス腱伸ばしをしてウォームアップをしてから始めましょう。急に無理なストレッチをすると足をつったり、思わぬけがの原因になります。

ウォームアップが済んだら、腰割と肩入れを行います。まず腰割ですが、お相撲さんがしこを踏むときの基本姿勢のことをさします。足を肩幅よりもやや広げ、つま先をできる限り外側に向けて立ちます。背筋はピンと伸ばしたまま、まっすぐ腰を落として膝の角度ができる限り直角に近くなるようにします。

次に肩入れですが、腰割の状態から膝の頭に手を載せて、どちらかの肩をななめ前に少しずつ入れるように傾けていきます。股関節がしっかり伸びて足が広がる感覚があればOKです。はじめのうちは痛くて腰割だけでもつらいと思いますが、続けるうちに柔軟性がアップするのを実感できるでしょう。

お風呂でマッサージ